EXHIBITION

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 第1期生有志卒業制作エキシビジョン 2017.2.10(fri)-12(sun) 10:00-20:00(12日は18:00まで) @ロームシアター京都 会議室(パークプラザ3F) 入場無料

出展者
貴船寛太、河野寿起、松田万里歩(ファッションコース)
岩崎丈、河野星香、兒玉七音、松尾湧佑(音楽コース)
赤迫瑠奈(特別参加 ファッションコース3回生)

主催 京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 西谷真理子ゼミ&永田純ゼミ

助成 京都精華大学木野会

ABOUT

京都精華大学に日本で初めて開設されたポピュラーカルチャー学部のファッションコース&音楽コース第1期生有志7名による卒業制作エキシビションをロームシアター京都にて開催します。これは翌週からの大学キャンパス(岩倉)での卒業制作展に先駆けて、町中でみていただきたいとの学生の自発的な想いから始まった企画で、学生たちの未熟ながらユニークで熱い発想に触れることができます。

合わせて、京都でファッションや音楽に関わる注目の人たちを迎えて、トークイベントやワークショップも行い、ここが、新しい出会いの場となり、京都発の文化の未来について広く考える機会になることを目指します。

学生が運営するカフェも登場。くつろぎながら鑑賞していただけます。

 

 

EVENT(トークセッション)

◎トークセッション:

会場:ロームシアター京都 パークプラザ3F共通ロビー

 

◼︎ 2月10日(金)19:00~21:00「京都とファッション」Part1

京都とファッションというと、和モノがイメージされがちだが、2017年の京都では、トレンドとは距離を置いた独自のファッションシーンが育ち始めている。京都におけるファッション研究の現在と、今後の京都のファッションの可能性を話す場を大学の垣根を超えて作る。

登壇者:成実弘至(京都女子大学)、百々徹(京都造形芸術大学)、筒井直子(京都服飾文化研究財団)、司会=西谷真理子(京都精華大学)

 

◼︎ 2月11日(土)14:00~16:00「京都と音楽」

ファッションと同様、音楽産業のメインストリームとは絶妙な距離を置き、京都には孤高独自の音楽シーンが成立してきた。大学や劇場、クラブやライブハウスなどがそれぞれの立場からそれらを支えてきたのも大きな特徴である。これらの源流を遡りながら、京都の音楽の現状を見据え、未来を占い、今後の可能性を考える。

登壇者:小泉大輔(レコーディングエンジニア/ music studio SIMPO代表)、谷田晴也(カフェ”norwegianwood”オーナー/ 一乗寺のフェス“The Day of Pleasure”実行委員長)、三谷達也(映像プロデューサー/ “Music Share KYOTO”代表)、司会=永田純(京都精華大学)

 

◼︎ 2月11日(土)17:00~19:00「京都とファッション」Part2

京都には代々京都に住み、家業を守ってきた家が少なくない。その継続する時間の中で醸成された知恵をファッションに応用することはできないのか。それも単なる「伝統とファッションの融合」ではない形で。ここでは自他共に認める京都人が、京都のファッションの未来形を語る。

登壇者:上松正宗(建仁寺禅居庵副住職 映像作家)、細尾真孝(西陣織「細尾」12代目)、司会=西谷真理子

 

◼︎ 2月12日(日)14:00~16:00「京都とわたし」

京都の外から京都に来て住みつき、文化を作る仕事に従事しているクリエイターは数多い。京都の何が彼らを惹きつけるのか?そこで生まれた文化に京都のオリジナリティはあるのか?ジャンルを横断して、京都カルチャーを語る。

登壇者:蔭山陽太(ロームシアター京都支配人)、村松美賀子(京都造形芸術大学)、山田英晶(「空間現代/外」ドラマー)、司会=永田純+西谷真理子(京都精華大学)

EVENT(ワークショップ&イベント)

◎キャンドルホルダー制作ワークショップ

2月11日(土)11:00~17:00

場所:ロームシアター京都 パークプラザ1F 共通ロビー

ペットボトルを二つに切って重ねて作る、誰にでも楽しめるワークショップです。

※ペットボトルや装飾用素材は主催者側で用意していますが、持参いただいても構いません。

 

◎目指せ2017本! 〜みんなのキャンドルナイト in 岡崎

2月11日(土)16:00~20:00

会場:ロームシアター京都 ロームスクエア

手作りのキャンドルの灯で、真冬のロームスクエアを暖かく彩ります。

監修:高橋成彰(キャンドルアーティスト)

主催:永田純ゼミ[3回生]

WORKS(学生作品)

学生作品タイトル:

貴舩寛太:「Roochoo Gumbo」服制作

河野寿起:「京のケ〜京都のファッションはどこにあるのか」冊子制作

松田万里歩:「不自然なファッション- シャチとクマとしゃちくまと、私」服とぬいぐるみ缶バッジ、タイツ制作

岩﨑丈:「音楽の世界を広げる3ヶ月連続イベント “Sound Labo Blast” 開催」記録展示

河野星香:「私= 京都とX(音楽)で構成されている。」写真展示とBGM

兒玉七音:「webサイト「街音」“machi-oto” の制作〜音楽はすぐそこにある〜」

松尾湧佑:「「Little Free CD Library」の開設・運営」記録展示

赤迫瑠奈:「Eat Kyoto」イラストレーション展示